被害届の性質について

第三者によって何らかの犯罪行為を行われた場合には、警察に対してその被害を報告するという方法があります。
その方法の一つとしてあげられるのは、被害届の提出が挙げられます。もっとも、被害届の意味については世間的な認識と本来の性質について乖離しています。そして、このような不理解によって様々な不利益が生じる恐れがあります。
そのため、被害届の意義について理解する必要があります。そして、被害届とは警察に対して自身が何らかの被害を受けたことを報告するための書類であるにすぎません。
そのため、これが出されたことによって警察にその事件について捜査する義務が生じるわけではありません。警察が捜査を行うか否かはあくまで警察の裁量に属する行為であると言えます。
もっとも、この場合に被害の程度が重大であり、これについて警察が捜査を行わない場合には、地域の治安を維持することができないような場合には、被害届が出された場合には、警察が捜査する義務が生じることになります。
もっとも、どのような場合に警察に捜査義務が生じるような事件か否かは事件の規模やその被害の重大性、及び事件の進捗度などの諸要素を判断する必要があります。
しかし、捜査に対する知識や経験が殆ど無い被害者にとってはどのような場合に警察に捜査義務が生じるかを判断することが困難であるということができます。
そのため、被害を受けた場合に、確実に捜査を行わせて事件を解決する必要がある場合には、被害届を提出するという方法は妥当であるとはいえません。
そのため、別の方法によって被害を受けたことを警察に対して報告を行う必要があります。この場合に妥当な方法としてあげられるのは告訴状を提出することです。
告訴状とは、当該事件によって被害を受けた人間が犯人に対して刑事事件を提起するよう求める書面を言います。
この告訴状を提出する場合には警察は刑事事件についての証拠収集のために捜査義務が生じます。

Categories: 未分類
Permlink